理想の家を建てるためにまずは注文住宅の情報収集をしましょう

エレガントな部屋

注文住宅を建てる前に情報収集を

キッチン

注文住宅を建てる前には情報収集が大切になってきます。それはなぜかというと、まずはどの注文住宅の会社を選んでいくかという作業をしていくからです。
この作業をしていく中で何を参考にしていけば良いのかというと情報です。最近は情報社会といわれていますが、情報をいかに集めていってから、それを比較していくかが重要です。
では、どのように情報を集めていくのが良いのかということですが、まずはいろいろな注文住宅の会社から資料を請求していくのが良いと考えられます。最初はフラットな視点で資料を見ていくことが大事になってきます。フラットな視点で見ていけば会社の特徴が見えてくるからです。そしていろいろな会社のいいところ、悪いところが見えてくると思います。
そして資料を見てから興味のある注文住宅の会社があったのであれば、そのホームページに行ってから詳しく見ていくのが大事です。そしてそのホームページを見てからわからなかったことや疑問点があったらその場でメモをしておきましょう。
そしてそのメモを持ってから、その注文住宅の会社に行ってから詳しい話を聞いてみるのが一番です。そうすることで、丁寧に解説してもらえば納得のできる話が聞けます。

狭く変形した土地に注文住宅

若い頃実家の近くに、わずか5坪の土地を手に入れたことがあります。しかも矩形ではなく、斜めに寸断されたような不整形の土地でした。当初は、車の車庫証明が取れればいいという程度の気持ちから買っておいたのですが、車の方はしばらくして乗らなくなり、結婚を契機に家が必要になりましたので、その土地に戸建住宅を検討しました。
ところが、実家は近所の不動産会社から買った建売住宅でしたので、注文住宅の経験が私はもとより身内にもなく、どこに頼めばいいのか皆目分からず、とりあえずコマーシャルでよく聞くハウスメーカーに連絡をしてみました。すると、土地があまりに狭く、また変形しすぎているため、その会社では受けられないと言って断られてしまいました。その時知ったのですが、注文住宅というからには何でも建ててくれそうなイメージのあるハウスメーカーですが、実は内規があって、狭小地の客の仕事は受けるなと営業に言い渡しているそうなのです。
それで、ハウスメーカーは諦め、設計事務所に設計から注文住宅を頼むことにしたのです。すると、こっちが考えていたのとはまるで異なるアイディアが提出されました。設計士さんからはその時、土地が狭く形が整っていない土地ほど設計に燃えると言われ、実に頼もしく思いました。おかげで猫の額ほどの土地にかけがえのない我が家を、注文住宅で建てることが出来ました。

注文住宅のメーカーの選び方

最近注文住宅が注目されるようになってきます。それはなぜかというと、注文住宅は自分の要求が住宅に反映されるからです。住宅というのは、自分の意見が反映されていけば、一緒に住宅を作っている気分になります。
そして注文住宅は人生の中でも誰しもが高い買い物になるので、自分の理想を追い求めていきたいですよね。だからこそ注文住宅は自分の要求が通りやすいメーカーを選ぶべきです。注文住宅のメーカにはいろいろなメーカーが参入しているのでありますが、その中から一つを選んでいかなくてはなりません。注文住宅を扱っているメーカーに実際に行ってみてから、こちらの話をきちんと聞いてくれるのかどうかを見ていきましょう。
やはりしっかりこちらの話を聞いてくれるメーカーというのは、住宅に関しての要望などいも取り入れてくれるのです。だから、注文住宅を選んでいくときには実際に訪れてから担当者が自分の話を親身になってから聞いてくれるかどうかを観察していくことが大事です。これらに気を付けていけば、自分の理想の注文住宅を建てることにつながっていくと思います。
やはり注文住宅は高い買い物なので、丁寧に決めていくべきです。だから焦らないようにしましょう。

こだわりがある時におすすめの注文住宅

住宅を購入する際には、自分なりのこだわりを表現してみたいと思う事がよくあります。例えば住宅の広さを強調する為に、吹き抜けなどを作ってみたいと思う事もあるでしょう。そうかと思えば、一部の間取りをできる限り広くしたいと思う事もあります。
ところが実際に住宅を購入した後には、それが著しく難しい事があるのです。住宅の様々な構造上の問題があって、改造が難しい事は多々あります。特に建売というタイプの住宅は、その傾向が顕著です。メーカーによる様々な都合があり、カスタマイズが難しいのです。
しかしカスタマイズが困難であれば、もちろん自分のこだわりを表現する事ができません。ですから住宅を購入する側としては、どうしても物足りなさを感じてしまう傾向があるのです。それで頭を抱えている方々も、たまに見られます。
そういう時に、注文住宅を検討してみると良いのです。注文住宅には色々メリットはあります。価格なども、かえって建売住宅より低く抑えられる事もあるのです。それに加えて、上記でも触れたカスタマイズに関するメリットがあります。注文住宅というのは、購入者が自分で考えていけるメリットがあるのです。吹き抜けなども自由にデザインする事ができますし、間取りなども同様なのです。大きなこだわりがあるなら、建売よりも注文タイプが推奨されるでしょう。

注文住宅で叶うオンリーワンな住まい方

建売住宅にはない注文住宅の魅力は、オンリーワンな住まい方が可能になるということです。各家庭の過ごし方は千差万別。家に合わせた過ごし方をするのではなく、住まう人に合わせた家で過ごすことができるのです。建売住宅の場合、ターゲットとなる世帯層に向けた設計がされていると思います。LDKを1つの空間にして、広々と見渡せる室内は、子育て世代の家族にとってマッチした空間となるでしょう。 しかし、子育ても一段落して趣味を大切にしたいご夫婦にとっては、むしろLDKにこだわらず、趣味室を中心とした住まい方が適しているのかもしれません。またペットのための部屋が大切に感じるご家庭もあるかもしれません。このように建売住宅を何件回っても、なかなか出会うことの出来ない住宅を手に入れることが出来るのは、注文住宅の魅力と言えます。また経済的な面からもコストをかけたい場所やカットしたい場所を選択し、それぞれにあった家を作ることが可能です。
10分も入ってない浴室にお金をかけるより、半日以上キッチンで過ごす人なら、当然キッチンに拘った設計を好むでしょう。戸建住宅はコストパフォーマンスが良い印象があります。ですが住まう人が工夫し、選択してコストを見直し、決断出来るのも注文住宅の良い点ではないでしょうか。そういったプロセスを踏んで完成した家は、愛着がわき大切に住まうスタートとなるはずです。


適切な業者を選ぶことが注文住宅を建てるうえでは大切となります。そこで、牛久に注文住宅を建てる業者がおすすめとなります。牛久という高環境な地域に注文住宅を建ててくれる親切な業者ですので、こちらに依頼すればまちがいはないでしょう。業者選びに失敗することなく牛久に素敵な注文住宅を建ててください。

PICK UP CONTENTS

青い部屋

注文住宅の上手な選び方

注文住宅を上手に選んでいくコツがあります。まずは、注文住宅に関してできるだけ安く建ててくれるようなところを探していくということです。やはり注文住宅というのは高くて、一生のうちでも一番高い買い物になる人が多いでしょう。そのような高い買い物だからこそできるだけやすくしたいと思うのは当然のことです。だから、注文住宅をできるだけ安くしていくれるようなところをインターネット…

UPDATE LIST

2016/05/18
注文住宅の間取りの選択についてを更新しました。
2016/05/18
注文住宅の時は外観のデザインも重視しようを更新しました。
2016/05/18
注文住宅で家を建ててみてを更新しました。
2016/05/18
注文住宅の上手な選び方を更新しました。